アロマテラピー ~自然療法~

アロマテラピー ~自然療法~

アロマテラピーとは植物から採取される
ピュアーな精油(エッセンシャルオイル)を
使った「自然療法」です。
香りが人間の嗅覚を通して
脳に働きかける作用やトリートメントによって
皮膚に吸収される作用により、
人間の自然治癒力を高め、疲れた心身を癒してくれます。

一人でも多くの方にアロマを楽しんで頂きたいと思い、
生活にとり入れる方法を
フランス式アロマテラピーでお伝えしていきます。

 

香りの系統

エッセンシャルオイル(精油)は私たちの心身に様々な作用を与えてくれます。

少しずつ試しながら、あなたにぴったりな精油を見つけてくださいね。

アロマの効能

種類 代表的なアロマ 効果・効能
フローラル系 カモミール・ジャーマン
カモミール・ローマン
ジャスミン・アブソリュート
ゼラニウム
ネロリ
ラベンダー
ローズアブソリュート
ローズ・オットー
イランイラン
いわゆる花の華やかで甘い香りが特徴。
リラックス効果が得られる。
柑橘系 スイートオレンジ
グレープフルーツ
シトロネラ
ベルガモット
マンダリン
メリッサ
ゆず
レモン
レモングラス
フレッシュでさわやかな香りが特徴。
リフレッシュリ効果やリラックス効果が得られる。
ハーブ系 アンジェリカ
キャロットシード
クラリーセージ
スペアミント
ペパーミント
タイム
バジル
フェンネル
マージョラム
ラベンサラ
ローズマリー
さわやかで清涼感のある香りが特徴。
呼吸器系に作用する。
樹木系 サイプレス
シダーウッド
ティートリー
ローズウッド
パイン プチグレン
サンダルウッド
ユーカリ・グルブルス
ユーカリ・ラジアータ
ジェニパー
森林の中にいるような、緑の清涼感あふれる香りが特徴。
鎮静、消毒などの作用あり。
スパイス系 コリアンダー
シナモン
ブラックペッパー
クローブ
ローリエ
バニラ
ピリッとした香りで、心身のリフレッシュに加え、防腐作用があり胃腸にいい。
樹脂系 ベンゾイン
フランキンセンス
ミルラ
甘く濃厚な香りのものが多く、香りの持続性も長い。
フローラル系よりも高いリラックス効果が特徴。

アロマの用途

芳香浴

アロマランプ、ディフューザーなどを使って、お部屋に香らせます。アロマランプの場合、量は通常3~6滴、強い精油の場合には、やや少なめをアロマランプのお皿に張った水の上に落とし、香りの効果を得ます。また、ハンカチやティッシュに1.2滴落とすだけでも手軽に芳香浴を楽しめます。

アロマバス

お気に入りの精油を2,3滴(必ず3滴以下にしてください)、バスタブに落として、よくかき混ぜてからお湯に浸かってください。香りを楽しみながら、嗅覚、呼吸器、皮膚から精油成分を取り込むことができます。使う量が多すぎると、肌を刺激することがあるので、必ず5滴以下にしてください。

ハウスキーピング

植物からの恵み、エッセンシャルオイル(精油)には優れた天然の作用を持つものがたくさんあります。精油を使うことで、化学薬品に頼ることなく、心にも身体にも優しい香りのハウスキーピングを実践することができます。拭き掃除や洗濯、スプレーを使ったハウスケアなど、小さなお子様のいるご家庭には特にお勧めです。

マッサージ

目的に合わせた精油をキャリアオイルに1%程度以下の濃度に希釈(薄めること)します。精油には1滴が約0.05mlになるドロッパーが付いていますので、例えばキャリアオイル30mlに6滴の精油を使うと1%になります。適量を手に取り、身体を優しくマッサージします。

温湿布・冷湿布

湿布は手軽にできる応急処置として広く実践されています。洗面器に水または熱湯をいれ、目的に合った精油を1,2滴以下落とし、タオルを浸してから絞り、気になる部分を湿布します。急性のトラブルには冷湿布、慢性のトラブルには温湿布が適しています。

イベント情報

アロマテラピー

ミモザの園では月に数回、アロマテラピー基本講座を開催しています。

アロマテラピー基本講座(全4回)

全4回で21種類の精油が学べます。

更にアドバイザーへ進む資格を得ることができます。

希望者おひとり様から随時開催

詳細はスタッフまで